産婦人科/外来

医師の紹介

院長 : 菊川 美一

診察室
【略歴】
  • 北海道立旭川東高等学校卒業
  • 旭川医科大学卒業
  • 旭川医科大学産婦人科教室入局
  • 旭川赤十字病院
  • 美幌町立国保病院
  • 日鋼記念病院
  • 札幌社会保険総合病院を経て現職
【資格】
  • 医学博士
  • 日本産婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 新生児蘇生法「専門」コース終了認定
【所属】
  • 日本産科婦人科学会
  • 日本周産科・新生児医学会
  • 日本生殖医学会
  • 日本受精着床学会
  • 日本産婦人科医会

産婦人科の診療情報

産科

「産科」の診療内容

▼妊婦検診

赤ちゃんと本人の健康状態を確認するため、定期的に検診をしています。

妊婦検診は、どのくらい通いますか?

・妊娠24週までは4週に1回の検診
・妊娠24週~36週までは2週に1回の検診
・妊娠36週以降は1週に1回の検診

どのような検査をしますか?

毎回する検査は:
超音波、尿検査、体重検査、血圧検査、腹囲計測です。妊婦健診中に週数に応じて各種検査をします。詳しくは通院される方にさしあげる冊子をご覧ください。

4D超音波検査について

生まれる前にお子様の姿を見られます。妊娠20~28週が見やすい時期です。家族でお楽しみください。初回は無料です。詳細↓
当院通院中の方に限らせていただいており予約が必要です。(赤ちゃんの向きによって、よく見えないことがあります)


▼いろいろなサポートでママを応援していきます。

各種サポート内容
『母親教室』妊娠中のこと、準備するもの、分娩のことなどを分かりやすくお話しします。妊娠前期と後期の2回に分けて開催します。当院3階の多目的ホールで催しています。
予約制になっていますので、事前に看護師にご連絡ください。
『マタニティ・ヨーガ』ヨーガは、妊娠の心の状態を安定化させる効果があります。股関節を柔らかくするため出産時に役立ちます。
ご希望の方にはヨーガ教室を紹介します。5回が1セットになっており4000円です(1回あたり800円)。妊娠16週~36週ぐらいが行える時期です。
『栄養相談』妊娠中どうしても太ってしまう人、血糖値がやや高めの人などに栄養相談をしています。相談日は火曜日と金曜日の午前中で、栄養士と1:1の個人応対で行い理解を深めてもらっています。
『個別相談・保健指導』妊娠中の生活、分娩時の希望などを、妊娠前期、中期、後期の3回、ゆっくりお話しましょう。

婦人科

「婦人科」の診療内容

  • ▼不妊症

    2年間以上、普通に夫婦生活をしていても妊娠しないとき不妊症と診断します。基本検査として以下の検査をしています。2か月ほどかかります。

  • 【不妊症の検査項目】
    ・排卵しているか?
    ・生殖系ホルモンがしっかり分泌されているか?
    ・卵管が詰まっていないか?
    ・精子は大丈夫か?

    左記の検査を行い、検査結果に基づいて治療します。
    高度生殖医療(体外受精・顕微授精・凍結卵移植)が必要になった場合には責任をもって適切な医療機関をご紹介いたします。新札幌にある青葉産婦人科とは協力して高度生殖医療を行っています。

  • ▼子宮癌検診・卵巣癌検診

    子宮癌には子宮頸がんと子宮体がんの2種類があります。子宮頸がんは、若い方でも発病することがあります。それに対し、子宮体がんは40歳以上の方に多く発病します。2年に1回の検診が望ましいです。
    超音波検査による卵巣癌検診を行っています。1年に1回の検診が望ましいです。
    恵庭市の子宮癌検診も取り扱っています。

  • 診察室の画
  • ▼子宮頸がんワクチン

    ワクチンには2種類あり、「サーバリックス」と「ガーダシル」があります。
    ガーダシルは子宮頸がんと尖圭コンジローマの2つの疾患に予防効果があります。
    サーバリックスは子宮頸がんのみに予防効果があります。
    どちらも3回投与します。値段はどちらも同じです。
    (恵庭市の公費助成による接種も取り扱っています。中高生は、小児科で接種しています)

  • ▼ブライダル健診

    超音波検査、子宮癌検査、性病検査、風疹検査、肝炎検査を行っています。

  • ▼避妊相談

    ピルとリングを取り扱っています。

  • ▼母体保護手術

外来の紹介

産婦人科診察室

産婦人科診察室

こちらで産婦人科の診察を受けます。

産婦人科診察室

NST室

NST=ノン・ストレス・テストの略で、出産間近の母子の健康状態を安全に検査するための設備です。
自然にリラックスした状態で、胎児の心拍数をチェックします。

4D超音波検査(エコー検査)

当院では、最新鋭の4D超音波診断装置Prosound α7 ALOKAを導入しています。
お腹の中の赤ちゃんの様子を、超音波(エコー)で検査・観察することができます。
(初回検査時無料・二回目以降は実費の手数料がかかります)

■4D超音波とは?

立体超音波画像に時間の要素を加えたものです。お母さんのお腹にいる赤ちゃんの動いている様子などが実時間(リアルタイム)で見ることができます。

■4D超音波診断には、リスクがありますか?

いいえ、4D超音波診断も超音波を利用して体内の様子を観察します。レーダーや魚群探知機の原理と同じです。プローブと呼ばれる探触子をお腹にあてて超音波を体内に送り、反射して返ってきた微弱な超音波を捕えて画像化します。ただし羊水の量や妊娠週数、赤ちゃんの位置などによって画像化できないこともあります。

USBメモリーのイメージ
赤ちゃんの超音波検査画像を、DVDに保存できます。

実際の映像例
(20週頃)

胎児の全身を横から見ています。

お腹の中の赤ちゃんが成育するようすを『記念に保存したい』というご希望が多いことから、当クリニックでは妊娠健診時の超音波検査画像を録画・保存し、ご提供することができます。
また、デジタル静止画写真はUSBメモリーに保存できます。